ひとり税理士で独立

税理士の林さんは独立する際、一人で独立か税理士仲間と一緒に起業するか悩んだと言います。
結局ひとりで開業し、職員も雇わないという本当のひとり税理士でスタートをしました。
税理士の独占業務である「税務代理」「税務書類の作成」「税務の相談」は、個人事業主の税理士か、税理士法人の税理士ができるようになっています。
税理士法人というのは、2人以上の税理士が在籍し出資している事務所のことで、最近は法人化する税理士事務所が多いそうです。
記帳代行の仕事を多く請け負っている事務所は、確かに仕事量が多くなりひとりでは大変ですが、今後はAIなどが普及してくるとそれも楽になると林さんは書いています。
たくさん職員がいる税理士事務所に作業量をこなすという点ではかないませんが、税務調査や節税などの対策や相談は、無資格の職員には負けないと自信を持っているということです。
ひとり税理士事務所のいいところは、文字通りひとりしかいないので相談や賛同を得る必要もないんです。
経営方針も自分で決めておこなっても、反対する人や不満を言われることもないのです。
今は、そういう状況を楽しんで仕事ができていると書いています。

歯の定期健診に行こう

みなさんは、歯医者さんの定期健診に行っているでしょうか?
虫歯というのは、噛み合わせの部分だけでなく、歯と歯の間や歯茎との境目、自分では見えない歯の裏側などにできやすいものです。
一度治療して、かぶせている歯でも横から虫歯になったりします。
プロの目でチェックしてもらいましょう。
また、歯周ポケットという歯と歯茎の間の深みがどれくらいあるのかもチェックしてもらうといいと思います。
歯周ポケットが深いと、歯周病になりやすいと言われています。
忘れてならないのは、歯垢(プラーク)のチェックです。
歯垢や歯石も、放っておくと虫歯や歯周病になってしまいますから、時々歯医者さんで取ってもらうことをお勧めします。
歯医者さんにチェックしてもらったら、歯科衛生士さんにブラッシングの指導をしてもらいましょう。
歯医者さんは、歯以外の顎関節症や噛んだり飲み込んだりがしにくい高齢者(要介護者)の相談にものってくれます。
舌、唇、頬の内側にできる口内炎には、口の中に原因がある場合と、体の内に原因があるものとがあります。
口腔がんなど、怖ろしい病気もありますから、常に口の中は清潔に保つようにするといいですね。

生命保険で相続税の節税対策

生命保険に入っている人は多いですが、みなさんは加入していますか?
相続税対策で生命保険に加入している人もいますが、できれば加入しておいた方が残された家族は助かると思います。
相続税対策で生命保険は最も有効といえるもので、生命保険非課税枠があるからです。
生命保険非課税枠は、「500万円×法定相続人の人数」の税控除を受け取ることができます。
これに相続税の基礎控除額が3,000万円+600万円×法定相続人になるので、相続税を支払う人は8%程度になっています。
また相続税の節税方法は生命保険だけではないので、様々は節税方法で相続税を支払わすに済んだ人も多いと思います。
税金に詳しい人なら相続税の節税方法にも詳しいと思いますが、税金のしくみって複雑で難しいですよね。
特に多くの資産を持っている人は相続する人のために早めに節税対策を始めておきましょう。
税理士に相談すれば相続税対策も行ってくれるので、自分にあった節税対策がわかります。
亡くなってからでは節税効果もそれほどないので、生きているうちから節税対策をしておくことが必要です。

侮るなかれ!茨木の整体!

最近は茨木も整体やカイロプラクティックがたくさん集まるエリアになっているそうです。
確かにインターネットでちょっと検索してみるだけでも、なかなかの数がでてきます。
自分も茨木の整体、何軒かに行ったことがありますが、それでもダントツで良かったのは「茨木治療センター」だと思います。
ここはいわゆる「ボキボキしない整体」で思ったよりもかなり優しいタッチでで術していきます。
「こんなに優しく触れるだけで効くのだろうか…?」と思ったこともありますが、実際にちゃんとしっかり効いていることを身をもって大家しています。
それと一般的な整体院の多くが「その時だけ痛みが解消される」ということもあるそうですが、例えその時だけ痛みがなくなったとしても、しばらく経つとまた痛みは復活してしまうケースが多いんだとか。
ちなみに茨木治療センターは「ダラダラ通いでなくキッチリ卒業できる整体」ということでも中モックを集めているようです。
確かに「痛くなったら整体に行くの無限ループ」にハマってしまうと一生通わなければならなくなるでしょう。
さて、肝心のこちらの整体院の口コミはオール5に近いパーフェクトの感想がほとんどでした。

弁護士が依頼者の守秘義務に違反した場合

弁護士に相談したことは、どんなことがあっても口外されることはありません。
ただ単に弁護士の口が堅いというだけではなく、弁護士には守秘義務というものがあり、この法律に違反するなら、弁護士に対して罰則があります。
法律を司る弁護士だからこそ、より厳しい条件を守る必要があるわけですね。

では弁護士が守秘義務違反をするなら、どのような罰則があるのでしょうか?
罰則は刑法で定められており、秘密を漏らした場合、6ヶ月以内の懲役か10万円以下の罰金の可能性があります。
あくまで可能性ということなので、かならず課されるということではありませんが、仮に禁固刑になった場合、弁護士にとっては命取りになります。
弁護士資格には、条件があり、禁錮以上の刑である懲役刑となってしまった場合、弁護士は資格を失うと明記されています。
依頼者の秘密を守らないということだけで、資格が剥奪されると規定されているということは、弁護士にとって守秘義務がどれほど重要なことなのかをよく表していると言えるでしょう。
ですから弁護士は必ず依頼主の秘密を守らなければいけません。

留学といっても種類は色々

留学といっても種類は色々で、1か月くらいからの短期留学や数年にわたる留学など色々あります。
おけいこを目的としたプチ留学や海外生活を体験できる留学など、色々な留学のプログラムが増えています。
気軽に留学できるものから、進学や仕事につなげるための留学などもあり、留学したい場合にはどんな留学が自分に合っているのか、色々調べてみるといいですよ。
語学力アップが目的の場合には海外の語学学校に通う留学のスタイルで、1週間から留学生を受け入れてくれます。
短期で留学することができ、世界各国に語学学校があるので、色々な国の言語を学ぶことができます。
海外の大学に行きたいなら正規留学で、海外の高等教育機関で学ぶことを目的とした留学です。
各教育機関の入学基準を満たす必要があるので、誰でも気軽に留学できるものではなく、書類も必要になり手続きも難しくなります。
プチ留学には料理、ダンス、ヨガ、ピラティス、絵画など色々な種類があり、仕事や学校のお休みを利用して留学することができます。
語学学校に通う必要がなく、1か月以下の超短期のプログラムのことをプチ留学やおけいこ留学と言います。

松山で出逢った税理士さん、めちゃいい人だった!

主人が転勤族なので、結婚して5年でもう2回も転勤をしました。
そろそろ3回目がくるんじゃないかとビクビクしています。
でも、前回の転勤だった愛媛はすごく住み心地が良かったです。
用意してくれたマンションが素敵だったってのもあるけど、愛媛の人って優しかったような気がします。
主人が務めた松山支社の人達もすごく良くしてくれました。
また、社外の人ではあるけれど出入りしていた税理士さんもすごくいい人だったんです。
私が会ったのは三度ほどでしたが、それだけでもいい人だってことがわかりました。
主人も、あの松山の税理士さんは信頼出来たなぁ、って今も言っていますし。

うち、実家が小さな会社をやってて顧問の税理士さんがいるけど、すごく事務的なんです。
父が税務処理に絡んで経営のことを相談しても「それは業務外です」と言わんばかりの突き放し方。
税理士って、本当にマニュアル通りのことしかしてくれないから期待しちゃいけないんだって思ってたんです。
でも、あの税理士さん違いましたね。
松山の人の人柄なのか、それとも良い税理士事務所なのか、わからないけど。
転勤って、人との出逢いがあるのはいいところですよね。

DVD制作を外注する際のコストの抑え方

DVD制作を自分でやる人も多いと思いますが、やっぱり外注したDVDの出来は段違いにクオリティが高いです。
しかも最近はDVD制作の発注も個人で簡単にできますし、費用的にもかなり安くできるようになっています。
ただ、費用については業者によって、依頼方法によっても金額に大きな差がでてしまうこともあるそうです。
というわけで、DVD制作を外注する際のコストの抑え方ですが、簡単にご紹介したいと思います。
一番手っ取り早い(?)方法としては「長さ(尺)を短くする」ことです。
DVD制作会社の料金は作業日数や時間あたりで計算されることがほとんどです。
そのため映像の長さが短ければ短いほど作業時間も少なく済むわけですから、コストを抑える注文方法としてはできるだけ尺を短くすることがポイントになるでしょう。
そのほかには「複数まとめて制作依頼する」ことです。
これも結局は尺と同じ考え方で、編集作業の作業効率を考えるとまとめての発注はコストを抑えられそうです。
その他、「ナレーションを入れない」「撮影は自分で」などすることで費用を大幅に下げることが可能になるでしょう。
ぜひ試してみてくださいね。

相続問題に強い弁護士さん知らないかなぁ?

うちの話ではないんだけど、バイト先で最近とても仲良くしてる人の家が今大変なんだそうです。
相続問題で揉めてるみたいで、そういう遺産の問題ってかなり裕福な家の問題だと思っていたので意外でした。
でも、そこまで裕福じゃなくても遺産ってのはやっぱりあるわけですよね。
その人四人兄妹らしくて、普段からあまり兄弟仲は良くなかったそうでほとんど会っていなかったんだって。
でも、お父さん病気をして今意思疎通ができない状態なんだそうです。
そうなったら、急にみんな飛んできて「遺産の分配どうする?」なんて言い出したらしくって。

聞いててあまり気持ちのいい話じゃないですよね。
お金のことよりお父さんの心配をする人がいないのが悲しいそうです。
兄弟間でそういう争い本当に嫌ですね。

とりあえず、相続問題については弁護士さんにお願いしたいって言ってました。
ここ横浜で相続問題に強い弁護士さん、誰か知らないかなぁ?
普段、弁護士も相続問題もあまり身近なことじゃないからわからないんですよね。
でも、なんとか力になってあげたいんで「相続弁護士横浜」で検索して一緒に調べたいと思っています。

予防歯科ってそんなに大事!?

先日友達が無事就職。
なんかいろんなところを転々としたけど、歯医者の受付におさまったらしい。
その友達と晩御飯を一緒に食べたのだけど、なんだか歯科業界にすっかりそまっちゃっていて。
鞄の中から歯のケア商品がでてくるわ、でてくるわ。
「歯って大事にしていないと、年取ってからが大変なんだよー」って話されて。
「虫歯になったらそこからどんどん歯が悪くなるから、予防歯科のところでケアしてもらわなくっちゃ」とのこと。
なんかそれ、歯医者さんに洗脳されてない?って思いつつ。
でも確かに虫歯は嫌だから、虫歯にならなければ一番だよね、とは思う。
そのためには歯磨きするしかないのもわかっているのだけど、歯磨きで十分じゃない?とも思う。
友達の鞄からでてきたのは、全部で7~8種類あったんじゃないかな。
もちろんその中に電動歯ブラシとその専用の歯磨き粉というのも含まれているのだけど。
それ以外にもいろいろしなきゃいけないなら、それはそれで面倒だなぁって。
歯磨きがんばって、それでも虫歯になったら、しかたないとあきらめるかもなぁって。
もしこの友達に虫歯になったとでも言おうもんなら、なに勧められるかわからないな。
この友達が働いている歯医者に行くのだけはやめておこう(笑)